仕事を辞めさせてくれない時の解決法3選!人手不足でバックレNG!

  • 仕事を辞めたい
  • 会社が辞めさせてくれない
  • 今すぐに会社を辞めたい

こんなお悩みにお答えします。

この記事で分かること
  • 仕事を辞めさせてくれない理由
  • ケース別の会社辞める方法
  • 仕事を絶対に辞める3つの方法

実は仕事を辞めたいのに、辞めれなくて悩んでいる人は多いです。

なぜならあなたが辞めると、会社に不利益が生じるからです。

「じゃあ辞めないほうがいいの?」なんて思っていませんか?

しかし会社があなたを辞めさせないのは、会社都合の理由なので、あなたが辞めれない理由にはなりません。

この記事では、ケース別にあなたが会社を絶対に辞められる方法を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

絶対に会社を辞める3つの方法

さっそく、辞めさせてくれない会社を辞める3つ方法を解説します。

3つの方法は以下です。

  1. 退職届&メール
  2. 口頭&録音
  3. 退職届

順番に解説します。

方法1:退職届&メール

退職届とメールの組み合わせは、非常に有効です。

どちらか片方ではいけません。必ずセットで行うことが必要です。

退職届&メールにする理由

退職届とメールをセットで行う理由は、「証拠を残すため」です。

そもそも民法によると、退職の2週間前に辞める意思を通知すればいいことになっています。

労働者には「退職の自由」がある。そのため、退職を希望する労働者は自由に退職することができ、退職の意思表示から2週間が経過すると雇用関係が終了(=退職)する。

引用:厚生労働省資料
  • 辞める意思 → 退職届
  • 意思表示した証拠 → メール

このように、退職届だけでなくメールもセットにしておくことで、会社は退職を受け入れざるを得ない状況になるのです。

退職届&メールの手順

STEP
退職届を提出する

退職届の書き方については、こちらの記事を参考にしてください。

STEP
メールをする

メールには

  • 「先ほどは退職届の受理をありがとうございます。」
  • 「先ほどお渡ししました退職届の件ですが、よろしくお願いいたします。」

など、あなたが退職届を渡したことが分かれば大丈夫なので、特に決まりはありません。

上記の手順で、提出すれば問題ありません。

退職届&メールが向かない会社

会社の規模が小さく、メールとしての証拠が残らない場合には、有効ではありません。

退職届とメールを消去され、「そんなの知らない」と、言われる可能性があるからです。

比較的規模の大きな会社で、上司と人事が切り離されている会社なら有効でしょう。

方法2:口頭&録音

口頭と録音も非常に有効です。

こちらも必ずセットで行う必要があります。

口頭&録音にする理由

口頭&録音にする理由も、「証拠を残す」ためです。

こちらも、あなたが「退職の意思を示した」という証拠を残すのに非常に有効な手段になります。

さらに、「口頭&録音」の方が、「退職届&メール」よりも強力な証拠なんです。

なぜなら、録音は会社が消せない証拠になるからです。

口頭&録音の手順

STEP
口頭で退職の意思を伝える

必ず「2週間後に辞めます」や「○月○日に辞めます」など、具体的な日時を指定してください。

そしてこの時に、スマホのボイスメモ機能を使うなどして、やり取りを録音しましょう。

STEP
退職が認められなければ録音を提示する

会社があなたの退職を拒否したら、録音を提示しましょう。

録音があれば、会社は言い逃れできません。

口頭&録音が向かない会社

パワハラが常態化している会社では向かない可能性があります。

退職の意思を伝えてから2週間は、出勤しなければいけません。

2週間の間にパワハラが悪化し、あなた自身に危険な及ぶ可能性があるからです。

パワハラが会社ぐるみでなく、1人の上司だけであれば問題ないでしょう。

退職代行を使う

費用がかかりますが、最も簡単で確実な方法が、退職代行です。

退職代行を使う理由

退職代行を使う理由は、楽だからです。

退職代行を使うことで、以下のような効果があります。

  • 手間がかからない
  • 精神的に楽
  • 時間がかからない
  • 退職までの気まずさがない

料金がかかりますが、退職に関する悩みが解決します。

退職代行の手順

STEP
無料相談

疑問点や不安点は、質問して解決しましょう。

STEP
申し込み

支払いと申し込みをします。

STEP
退職実行

退職代行業社と打ち合わせした内容通りに、実行してくれます。

STEP
退職手続き

書類などの手続きも、会社に行かずに可能です。

詳しい退職代行の流れや使い方は、こちらの記事を参考nしてください。

>>退職代行の失敗しない使い方と流れはこちら

退職代行が向かない会社はない

退職代行は、比較的万能と言えます。

退職届&メールや、口頭&録音などの手段が使えないときには、退職代行は有効です。

退職でのストレスを減らすために料金を払えるなら、退職代行は遠慮なく使うべきです。

会社があなたを辞めさせてくれない理由

会社があなたを辞めさせない理由は、一つではありません

考えられる主な理由は以下です。

  • 上司の評価がマイナスになる
  • 人手不足だから
  • パワハラがあるから

どの理由であっても、あなた必ず辞めれるので安心してください。

詳しく解説します。

上司の評価がマイナスになるから

「え、そんなことで?」なんて思いませんか?

しかし実は、上司はこんなしょうもない理由で、あなたの退職を引き留めてくるのです。

評価を気にして退職を止める理由

最近では働き方改革も推進されており、「離職率」も企業にとっては重要な指標です。

あなたが辞めることで、会社の社会的な評価が下がります。

なので上司の評価基準に、部下の離職率も含まれているのです。

上司は自分の評価のために、あることないことを言って、必死に引き留めてくるのです。

引き留めるだけなら違法ではない

上司があなたの退職を引き止めるのは、違法ではありません。

しかしあなたに理由をつけて「辞めることができない」、と言うのは違法です。

下記の憲法22条1項によると、労働者には職業選択の自由があります。

何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

引用:厚生労働省資料

あなたが会社を辞めるのは、憲法で保障されている権利です。

人手不足だから

現在では、多くの企業が人手不足に悩んでいます。

当然、人手不足なのに社員が辞めるのは、会社としては痛手ですよね。

人手不足だと辞めれない理由

人手不足の企業では、社員が辞めないように様々な手を打ちます。

「退職を申し出たら、待遇の改善の提案を受けた」」なんて話はよく聞きますよね。

ひどい時には「代わりの人間を見つけてから辞めろ」、なんて脅されることもあるぐらいです。

企業はあの手この手を使ってくるので、それに騙された労働者が辞めれずに困っているのです。

人手不足なのは企業のせい

あなたが辞めて人手不足になるのは、あなたのせいではありません。

本来は人手不足にならないように管理するのが、企業の義務です。

人手不足かどうかに関わらず、あなたにはなんの責任もないので安心してください。

「代わりの人を見つけてから辞めろ」は違法

あなたが代わりの人間を探す義務はありません。

人材を確保するのは、企業の仕事です。

もし「代わりを見つけろ」なんて言われたら、無視してしまって大丈夫です。

パワハラがあるから

これもよくある話です。

パワハラが横行している企業ほど、労働者を辞めさせようとしません。

パワハラがあると辞めれない理由

パワハラが常態化している企業では、人材の確保に苦戦しています。

入る人間が多く、出ていく人間が多いからです。

あなたもパワハラを受けているのなら、上司が怖くて辞めると言い出せないのではないでしょうか?

実際にパワハラを受けていると、「辞めれない」と思い込んでしまう人が多いのです。

それほどまでに、パワハラが労働者を追い込んでいます。

パワハラはもちろん違法

パワハラはもちろん違法です。

場合によって、慰謝料を請求できるかもしれません。

そもそもパワハラがあるよな会社からは、すぐに逃げましょう。

バックレは絶対にダメ

もし「辞めるのが難しい」と思っても、バックレてはいけません。

バックレてはいけない理由

バックレてはいけない理由は、「あなたが悪くなってしまう」からです。

バックレは無断欠勤にあたります。

一定期間以上の無断欠勤が続くと、懲戒解雇になる可能性があります。

バックレさえしなければ、懲戒解雇になることはないので、必ず退職の手続きをするようにしましょう。

辞めれないなら退職代行が楽

自力で辞めるのが難しいなら、退職代行が楽です。

退職代行は安いもので、2〜3万円で依頼できます。

退職でトラブルになるなら、非常に安いです。

おすすめの退職代行も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

SNSもあります!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる