【注意!】退職代行で「弁護士監修」と「弁護士」は別物です!

  • 弁護士監修の退職代行は安心
  • 弁護士監修ってなに?
  • どれが弁護士の退職代行?

こんな風に思っていませんか?

この記事で分かること
  • 弁護士監修と弁護士とはなにか
  • 弁護士監修と弁護士の違い
  • 弁護士監修の危険性

実は「弁護士監修」と「弁護士」の退職代行は、全くの別物です。

安易に「弁護士監修」の退職代行を選び、後悔する人が非常に多いです。

この記事では、「弁護士監修」と「弁護士」の違いを明らかにします。

「弁護士監修」の危険性について解説しますので、失敗しないためにぜひ参考にしてください。

失敗しない退職代行の選び方も解説していますので、まだ知らない方は参考にしてください。

>>失敗しない退職代行の選び方はこちら

目次

弁護士監修と弁護士の退職代行とは

では、弁護士監修と弁護士の違いを解説します。

弁護士監修とは?

弁護士監修とは、「サービスの監修を弁護士がしている」ということです。

簡単に言うと、「弁護士が見たから違法じゃないよ」と言うアピールになります。

多くの場合、民間の会社が運営しており労働組合でもないのが、「弁護士監修」の退職代行です。

退職代行のホームページを見ても、「弁護士監修」と書いてあるのは、アピールのためでしょう。

一見安全そうに見えますが、実はあまり安全性に関係ありません。

弁護士の退職代行とは?

弁護士の退職代行とは、サービスの実行や会社と交渉するのが弁護士の退職代行です。

多くの場合、法律事務所が運営元になっています。

退職の交渉では、弁護士でないとできない行為があるので、安心して依頼できるのは弁護士の退職代行です。

もし、「弁護士に頼みたい」と思ったら、選ぶべきは「弁護士」の退職代行になります。

弁護士監修と弁護士の違い

実際に、弁護士監修と弁護士の退職代行における違いを解説します。

弁護士監修と弁護士の違い一覧表

「弁護士監修」と「弁護士」の違いを一覧にまとめました。

項目弁護士監修弁護士
運営民間業者弁護士法人/法律事務所
サービス実行民間業者弁護士
料金相場2〜3万円5〜7万円
安心度×
有給の交渉×
未払い残業代の交渉×
退職金の交渉×
訴訟への対応×

運営とサービスの実行者

「弁護士監修」は、運営と実行がともに民間業者です。

一方で「弁護士」の退職代行は、その名の通り弁護士が実行します。

民間業者の退職代行は、退職代行の怪しさや不安を誤魔化すために「弁護士監修」と見せているのです。

実際には弁護士が監修したとしても、なんの効果もありませんので注意してください。

料金が大きく異なる

「弁護士監修」の退職代行は、料金が非常に安いです。

反対に「弁護士」の退職代行は、料金は高くなります。

「安い」と思って申し込んだら、「なにもしてくれない退職代行だった」なんて失敗をします。

料金の安さだけに騙されてはいけません。

「弁護士監修」は会社との交渉ができない

「弁護士監修」の退職代行で、上記のような事例が多発しています。

なぜなら「弁護士監修」を名乗る民間の退職代行は、会社と交渉できないためです。

会社に対して、本人の希望を伝えることしかできません。

なので会社が拒否したり、「本人と話す」と言えば、それ以上民間業者は踏み込めません。

そのため、せっかく料金を払って退職代行を頼んでも、結局あなた本人が連絡をする羽目になります。

これは弁護士法で決まっているからです。詳しく確認したい方は、以下の記事を参考にしてください。

>>悪質退職代行と非弁行為についてはこちら

弁護士監修の民間業者一覧

弁護士監修で民間業者の退職代行をまとめたので、依頼する際には注意してください。

弁護士監修で民間業者だから、必ずダメと言うわけではありません。

しかしあらかじめ、リスクを理解しておかないと、失敗の原因になるので注意してください。

リスクも費用も抑えるなら労働組合がおすすめ

  • 弁護士ほど高い料金はちょっと、、、
  • 民間業者ほどリスクが高いのも嫌だ

なんて方は、絶対に労働組合の退職代行を選ぶべきです。

労働組合の退職代行は、会社と交渉可能な上に、費用も弁護士より安いです。

ほとんどの人にとって、労働組合のサービスで十分なので、安心してください。

退職代行の選び方が分からない方は、以下の記事を参考にしてください。

>>失敗しない退職代行の選び方はこちら

また労働組合の退職代行を調査し、徹底比較した記事もありますので、合わせてご覧ください。

>>労働組合の退職代行を徹底比較した記事はこちら

SNSもあります!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次