【即日退職OK!】当日の朝でも間に合う退職代行3選!

  • 朝起きたけどやっぱり行きたくない
  • 今すぐにでも会社を辞めたい
  • 今からでも間に合う退職代行が知りたい

こんなお悩みにお答えします。

この記事でわかること
  1. 当日の朝でも間に合う退職代行
  2. 当日の朝に退職代行に依頼する注意点
  3. 即日退職を成功させるコツ

実は「すぐにでも仕事を辞めたいけど、方法がわからない」なんて方は、多いです。

実際に筆者も、退職代行を知るまで、即日退職ができるなんて知りませんでした。

この記事では、「当日の朝でも間に合う」退職代行について、解説しまので、ぜひ参考にしてください。

ちなみに、筆者の退職代行体験談は>>【体験談ブログ】新卒2年目で退職代行を使ってみたら後悔する?経験者が解説!をご覧ください。

目次

当日の朝でも退職代行はできる!

結論、当日の朝でも退職代行はできます。

即日退職ができるワケ

民法第227条によると、労働者は退職の2週間前に申し出ることによって、退職が可能です。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:e-Gov法令検索

つまり退職代行を使っても、法的な「即日退職」が可能なわけではありません。

しかし「即日で出社しなくていい状況」にすることはできます。

退職が成立するのは2週間後なので、下記の手段を用います。

  • 有給休暇
  • 欠勤
  • 2週間以内の退職に合意する

もちろん、バックレや無断欠勤とは違い、違法な行為ではありません。

出社しなくていい状況にすることで、実質的な即日退職ができるということです。

退職代行は当日の朝でも対応できる

実際にTwitterでは、こんな口コミがありました。

退職代行の多くが「即日退職」を掲げています。

対応の早い退職代行であれば、朝に連絡してそのまま退職が可能です。

依頼した日から出社しなくていい

退職代行に依頼すると、その日から出社する必要がありません。

実際に退職代行を使った人も、当日から出社しなくて済んでいるようですね。

極端な話ですが、昼休みに連絡をすれば、午後は帰っていても大丈夫です。

最短で退職する6ステップ

最短で退職する6ステップは以下です。

STEP
ライン友だち追加

まずは、依頼したい退職代行の公式ラインを追加しましょう。
ほとんどの退職代行では、ホームページから追加可能です。

STEP
相談する

友だち追加したら、退職したいことを伝えましょう。
このときに、気になることや質問は全て聞いてください。

「あまり対応が良くないな」と感じたら、別の退職代行を選び直してください。

STEP
支払い

退職代行の無料相談で納得できたら、支払いをしましょう。

  • 納得できるまで質問する
  • 疑問を残したまま支払いしない
  • 気になることはなんでも聞く

支払い前に、3つのポイントを確認してください。

STEP
打ち合わせ

支払い後は、退職代行と打ち合わせをします。

  • 所属部署
  • 入社年月日
  • 有給休暇の有無
  • 連絡日時など

退職代行から項目が送られてきて、事務的に進みます。

STEP
退職実行

打ち合わせ通りの時間に、退職代行が連絡してくれます。

STEP
手続き

退職の連絡が完了したら、退職届などの書類手続きがあります。

返却物や受け取る書類についても、退職代行がやり取りしてくれるので、任せっきりで大丈夫です。

当日でも間に合う退職代行3選

では実際に、当日の朝でも間に合う退職代行を紹介します。

1:退職代行SARABA

出典:SARABAホームページ
運営元株式会社スムリエ
サービス実行退職代行SARABAユニオン
タイプ労働組合
料金25,000円(税込)

SARABAは退職代行のなかでも、有名なサービスです。

5分以内の返信を心がけているようで、口コミは好評です。

実際に朝の5時に入金して、7時には連絡してくれるほど、素早いサービスが魅力です。

おすすめポイント
  1. 労働組合なのに料金が安くてコスパ◎
  2. 口コミが非常に良くて安心
  3. 対応が早くすぐに退職が可能

SARABAの詳しい口コミが知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

【全50件】退職代行SARABAのTwitterで本当の口コミを徹底調査!

\24時間365日無料で相談はこちら!/

2:男の退職代行

出典:男の退職代行ホームページ
運営元株式会社インクル
サービス実行toNEXTユニオン
タイプ労働組合
料金26,800円

男の退職代行は、男性専門の珍しい退職代行です。

24時間いつでもラインで相談できます。

転職サポートもあるので、男性必見の退職代行ですね。

おすすめポイント
  1. 転職サポートが無料で使える
  2. 労働組合でコスパが良い
  3. 日本退職代行協会で「特級認定」

詳細は評判はこちらの記事を参考にしてください。

【サービス分析】男の退職代行の口コミや評判は?失敗しない?

\24時間365日無料で相談はこちら!/

3:わたしNEXT

出典:わたしNEXTホームページ
運営元株式会社インクル
サービス実行toNEXTユニオン
タイプ労働組合
料金29,800円

わたしNEXTは、女性に特化した退職代行です。

女性ならではの悩みも相談しやすいようで、口コミはとても良いです。

おすすめポイント
  1. 口コミがとても良い
  2. 労働組合でコスパが良い
  3. 女性ならではの悩みも相談できる

「なんか怪しいけど、本当にいいのかな?」って思いますよね。

実際に筆者が利用者にインタビューして記事もあるので、気になる方はご覧ください。

>>【利用者に聞いた】退職代行わたしNEXTの体験談・口コミや評判を大公開!

\24時間365日無料で相談はこちら!/

当日の朝に退職代行を使う注意点

当日の朝に退職代行を使うなら、以下の点に注意してください。

  1. 会社の備品は必ず返却する
  2. 悪質な業者もいる
  3. 社宅や寮は退職日までに退去する
  4. 労働組合か弁護士の退職代行にする
  5. 円満な退職はできない
  6. 予期せぬトラブルもある
  7. 支払い方法に気を付ける

会社の備品は必ず返却する

出社しなくていいからと言って、会社のものを返却しなくていいわけではありません。

もし返却しないと、弁償や訴訟などで、あなたが不利になります。

「返しに来い」なんて言われるのは嫌ですよね。

もちろん、直接返却する必要はありません。

郵送でいいので、すぐに返却できる準備をしておきましょう。

悪質な業者もいる

残念ながら、最近では悪質な退職代行が増えています。

  • 料金を払ったら音信不通になった
  • 会社に電話しただけであとは何もしてくれない
  • 結局自分で上司に電話するハメになった

悪質業社に騙されないために、絶対に大手の退職代行を選んでください。

「そんなこと言われてもわからないよ」って方は、こちらの記事でおすすめの退職代行ランキングを参考にしてください。

>>【全41社から厳選】退職代行のおすすめランキングはこちら

社宅や寮は退職日までに退去する

「退職代行で即日辞めるなら、当然出て行ってよね」ってなるので注意が必要です。

社宅や寮は、会社の所有するものなので、社員のみしか住むことができません。

退職日までに退去できないと、確実にトラブルに発展しますので、引っ越し準備は早めにしておきましょう。

社宅や寮に住んでいる人の退職代行について、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

>>社宅や寮に住んでいる人の退職代行は注意が必要

労働組合か弁護士の退職代行を選ぶ

退職代行には3種類あります。

  • 民間業者
  • 労働組合
  • 弁護士

民間業者は選んではいけません。

退職代行でトラブルになっている人は、ほとんどが民間業者を選んでいるからです。

失敗しない退職代行の選び方については、こちらの記事を参考にしてください。

>>失敗しない退職代行の選び方はこちら

円満な退職はできない

通常の退職は以下のように進みます。

  1. 上司に退職の相談
  2. お客さまや取引先への挨拶
  3. 引継ぎ
  4. 同僚への挨拶

全ての手順をすっ飛ばして退職するので、退職代行を良く思う人は少ないでしょう。

なので罪悪感を感じる人も多いです。

しかし、どうせ退職する会社なので、気にしすぎないようにしましょう。

予期せぬトラブルもある

退職代行を使うと、予想していなかったトラブルも発生します。

  • 会社からの電話がしつこい
  • 上司が家に来てしまった
  • 会社からの書類が届かない

しかし、事前に知っておくことで対策が可能です。

退職代行を使うときは精神的に不安になるので、あらかじめ退職代行業者に相談の上、対策をしておきましょう。

「上司から電話が来たらどうしよう?」って方は、こちらの記事を参考にしてください。

>>退職代行を使った後に上司から電話が来た時の対策はこちら

支払い方法に注意

退職代行は業者によって、支払い方法が異なります。

当日の朝でも間に合うためには、クレジットカードが使えると安心でしょう。

「急いで申し込もう」と思ったのに、支払いができなくて間に合わない、なんてことがないように気をつけてくださいね。

即日退職を成功させるコツ

次に、即日退職を成功させるコツを解説します。

同時に何社か連絡してみる

相談する退職代行をひとつにすると、リスクもあります。

  • 返信が来ない
  • すぐに対応してくれない
  • 対応が悪い

複数の無料相談をしてみた上で、1番いい退職代行を選びましょう。

始業時間には連絡してもらう

退職代行から会社への連絡は、始業時間までにしてもらってください。

  • 上司が家に来る
  • 緊急事態かと思われる
  • 親に連絡がいく

もし間に合わないと、会社も無断欠勤と捉える可能性があります。

退職代行への相談時には、始業時間を伝えた上で、連絡可能か聞いてください。

当日は有給or欠勤の連絡をしておく

退職代行から会社への連絡が、始業時間前にはできない場合もあると思います。

退職代行の連絡当日は、有給休暇を取るか欠勤の連絡をしておきましょう。

あなたがいきなり出社しないとなると、トラブルにある可能性があります。

もちろん、退職代行の連絡が始業時間までに間に合う場合は、気にしなくて大丈夫です。

有給がなくても、退職代行は使えます。

詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

>>有給がなくても退職代行を使う方法はこちら

退職代行の返信速度をチェックする

当日の朝でも即日退職を成功させるには、退職代行の返信速度は非常に大事です。

「返信が遅い=対応が遅い」となります。

せっかく退職代行を頼んだのに、当日間に合わなかった、なんて悲惨ですよね。

無料相談時の返信速度は要チェックです。

ブラック企業なら即日退職を!

ここまで、当日の朝でも間に合う即日退職について、解説しました。

  • 会社に行くのが辛すぎる
  • 今すぐにでも辞めたい
  • 仕事に行くのが怖い

なんて方は、すぐに退職できることを忘れないでください。

筆者の退職代行の体験談もあるので、気になる方は参考にしてください。

>>筆者の退職代行体験談はこちら

SNSもあります!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる