【経験者が語る】退職代行が親にバレるケースと防ぐ方法を解説!

  • 退職代行を親にバレたくないな
  • 会社から親に電話されたら嫌だな
  • 親バレを防ぐ方法があれば知りたいな

こんなお悩みを解決します。

この記事で分かること
  • 退職代行は親にバレるのか
  • 退職代行が親にバレるケース
  • 退職代行の親バレを防ぐ方法

実は、退職代行の親バレが不安な人は多いです。

実際に私も親にバレるのがとても不安でした。

この記事では、退職代行が親にバレるケースと親バレを防ぐ方法を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

結論、退職代行が親にバレる可能性は低いですが、バレる可能性もあります。

目次

親にバレる可能性はゼロじゃない

悲しいことに、退職代行が親にバレる可能性はあります。

基本的にはバレない

実際のところ、退職代行がバレる可能性はほとんどありません。

理由は以下です。

  • 退職手続きに親は関係ない
  • 退職代行が会社とやり取りするから

もしもあなた40歳で退職する際に、「では親御さんにも連絡を」なんてあり得ないですよね。

そもそも、基本的に退職代行は親にバレないと理解してください。

例外的にバレる可能性がある

とはいえ、例外的にバレる可能性もあります。

実際に、筆者は退職代行の親バレについて聞きました。

上記の写真が、退職代行からの回答です。

つまり、退職代行としては「バレないように努力はするけど、保証はできないよ」ってことですね。

バレる確率は低くできる

退職代行を使った筆者としても、「100%バレない方法」はないと断言できます。

理由は以下です。

  • 会社の行動は物理的に阻止できない
  • 退職代行の忠告には法的強制力がない

とはいえ、バレにくくする方法はあります。

実際に、筆者は退職代行を使っても、親にバレませんでした。

筆者が使った親バレを防いだ方法も、後ほど紹介します。

親にバレるケース5選

まずは、親にバレてしまう5つのケースを紹介します。

会社の嫌がらせ

「退職代行なんか使いやがって」となる人もいます。

しかし、ヤバい会社や上司であれば、予想外の行動をするケースがあります。

事前に自分に自分の会社や上司がマトモなのか、見極めておきましょう。

  • 規模の大きな上場企業
  • 誰もが知る大手企業
  • コンプライアンスを遵守する企業

とはいえ、上記のような企業なら、あまり心配は必要ないでしょう。

あなた1人が辞めるよりも、世間的なイメージダウンの方が痛手になるからです。

書類を親が受け取る

退職代行では、書類のやり取りが多くなります。

以下のような方は、危険です。

  • 実家に住んでいる
  • 退職後は実家に住む

「書類はすべて自分で受け取れる」と言うのなら、大丈夫ですがなかなか簡単ではありません。

反対に「退職後も一人暮らし」なんて方は、安全です。

上司が親に電話する

親に電話が来てバレる理由は以下です。

  • 嫌がらせ
  • 緊急事態と誤認する
  • あなたと直接連絡取ろうとする
  • 未成年だから

未成年者は、退職代行使用時に、親の同意が必要になることも多いので注意してください。。

また、あなた本人となんとか直接連絡を取りたいから、嫌がらせのように強引な手段に出ます。

稀ですが、あなたと連絡が取れないことで、緊急事態だと誤認して、「緊急連絡先」の親に電話がいく可能性もあります。

上司が家に来る

はっきり言って、家に来る上司はヤバいです。

しかし、ヤバい行動に出る上司もいます。

もしも実家に住んでいるのなら、注意してください。

もちろん、一人暮らしであれば、問題ありません。

上司が家に来たときの対策について、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

>>【家凸?】退職代行を使ったのに上司が家に来たらどうする?対処法3選を解説!

会社の連絡に対応しない

これは、あなたに原因があるパターンです。

退職の手続きをするにあたって、あなたの連絡が必要な場合があります。

もしもあなたの連絡がないと、やむをえず緊急連絡先や保証人の親に連絡がいくのです。

会社からの連絡については、退職代行を通じて速やかに対応しましょう。

親バレを防ぐ方法

親バレのリスクを、少しでも低くする方法を解説します。

退職代行に念押ししてもらう

基本的に、退職代行に念押ししてもらうことがオススメです。

よほどヒドイ会社でない限り、退職代行から忠告があったら、下手な行動には出ません。

反対に一言も忠告がないと、なんとかあなたの退職を引き止めようと、親にまで連絡をしてくる可能性があります。

他にも、退職代行で失敗しない方法を紹介していますので、気になる方はご覧ください。

>>【業者の実名アリ】退職代行の失敗13選と対策を経験者が解説!

連絡には素早く対応する

退職代行を通じて、会社から事務的な連絡が来ます。

どうしてもあなたに確認しなくてはいけないことかもしれません。

会社からの連絡には、すぐに対応しましょう。ゼッタイに放置してはいけません。

トラブルを回避するためにも、大事です。

信頼のある退職代行

実は、退職代行選びは大事です。

なぜなら、退職代行によって、会社への交渉力がまったく違うからです。

もしも悪い退職代行を使うと、あなたが損します。

  • 会社へ忠告しない
  • 会社との交渉力がない
  • 対応が悪く会社の怒りを買う

必ず労働組合か弁護士の退職代行を選んでください。

失敗しない退職代行について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

>>【9割が知らない】失敗しない退職代行の選び方!経験者が解説!

引継ぎ書で心証を良くしておく

会社から不要に恨まれないことも大事です。

  • デスクの整理
  • 簡単な引継ぎ書を置いておく
  • 私物は持ち帰る

などをしておきましょう。

とはいえ、必須ではありませんので、心配な方のみ実施しましょう。

恨みを残さないことで、穏便に退職できます。

筆者が親バレを防いだ方法

実際に、筆者が退職代行を使って、親バレを防いだ方法を紹介します。

とにかく念押し

筆者は退職代行に対し、とにかく親バレを防ぎたいと伝えました。

退職代行は、以下のように会社へ通知してくれたのです。

結果として、会社から親に連絡はありませんでした。

すぐに返信する

退職代行を通じて会社からの連絡が来たら、すぐに返信をしていました。

大事なのは、以下です。

  • 退職代行にすぐ返信する
  • 分からないなら分からないと伝える
  • 連絡には「確認した」旨も伝える

筆者の場合、退職後の住所が確定していませんでした。

そのため「決まったら早急に連絡する」と、すぐに伝えていました。

また、連絡事項を確認したら、「確認しました」とすぐに伝えるようにしました。

効果は不明ですが、連絡するに越してことはないでしょう。

民間業者は使わなかった

退職代行は3種類あります。

  • 民間業者
  • 労働組合
  • 弁護士

多くの人が「安い」という理由で、民間業者を選びます。

民間業者は失敗の原因になるので、注意してください。

「どれが民間業者か違うかなんて分からない」って方は、以下の診断チェッカーを使ってください。

あなたにピッタリな退職代行の候補を、いくつか紹介します。

親バレは対策できる

退職代行を親にバレると、面倒なことになりますよね。

筆者も不安でした。

しかし、実際に対策することで、親バレは防げました。

あまり過度な心配をせずに、まずは退職代行に相談してみましょう。

おすすめの退職代行ランキングを紹介していますので、いくつか相談してみてくださいね。

SNSもあります!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる