【解決策アリ!】退職代行で後悔した例11選!その後がやばいって本当?

  • 退職代行で辞めたら後悔するかな
  • 後悔しない方法を知りたい
  • 後悔しないなら使いたいな

こんなお悩みにお答えします。

この記事でわかること
  1. 退職代行で後悔した例11選
  2. 後悔しない方法
  3. 後悔しない退職代行の選び方

せっかく退職代行を使っても、後悔する人がいます。

なぜなら、退職代行のことをあまり知らずに依頼してしまうからです。

しかし、簡単はポイントさえ知っておけば、退職代行で後悔することはありません。

むしろ、退職代行を使わずに後悔する人すらいるくらいなんです。

この記事では、退職代行で後悔した例と、後悔しない具体的な方法解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

退職代行で後悔した例11選

さっそく、退職代行で後悔した例を紹介します。

料金が高かった

退職代行の料金相場は、3〜5万円です。

自分で言えばタダなので、高く感じますよね。

後で振り返ってみれば、「ムダ金だったなあ」なんて思うのかもしれませんね。

結局自分で電話した

自分で連絡したくないから、多くの人が退職代行を依頼してます。

もし自分で連絡することになったら、後悔しかないですよね。

罪悪感が残った

  • 親切にしてくれた人に申し訳ない
  • 急に辞めるから
  • 普通とは違う退職方法だから

こんな理由で、罪悪感が残る人が多いようです。

会社からの電話がしつこい

退職代行業者も、会社に対して本人に電話をしないように忠告してくれます。

しかし、忠告を守らない会社だと、無視して鬼電をしてくるのです。

上司が家に来た

正直、家に来るような上司はバケモノですよね。

しかし、家に来るような上司がいるのも事実です。

弁護士監修を勘違いした

実は「弁護士」と「弁護士監修」は、まったくの別物です。

  • 弁護士=実行も弁護士が行う
  • 弁護士監修=実行は弁護士ではない

「弁護士監修だから安心」なんて思わないように注意してください。

「弁護士」と「弁護士監修」の違いについて、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

>>「弁護士」と「弁護士監修」についてはこちら

有給や残業代の請求ができなかった

「退職には成功したけど有給が、、、」

なんて後悔もよくあります。

有給や残業代はフルで請求して、退職代行の料金を少しでも取り返したいですよね。

ちなみに、もし有給がなくても退職代行は使えます。詳しくはこちらを参考にしてください。

>>有給がなくても退職代行を使う方法はこちら

アフターフォローがなかった

退職代行のアフターフォローには、アフターフォローがあります。

  • 私物回収の手続き
  • 離職票などの請求
  • 退職届などのやり取り

質の悪い業者を選んでしまうと、後悔しやすいです。

業者の対応が悪かった

業者によっては、ひどい対応をされます。

上記のツイートの例は稀ですが、悪質な業者もいるので、注意が必要です。

人間関係が途絶えた

退職代行で辞めると、前職の人間関係が途絶えてしまいます。

挨拶もなしに突然いなくなるので、良好な関係を継続するのは難しいです。

退職代行を使ったばっかりに、気まずくて連絡できません。

仲の良い同僚がいた場合には、後悔する人もいるでしょう。

予想以上の料金を請求された

追加費用がない退職代行が多いです。

しかし、「有給の交渉は追加費用あり」なんて退職代行もあります。

「3万円だと思っていたら、5万円請求された」なんてケースがあるのです。

後悔しなかった例

次に、後悔しなかった例を紹介します。

ハラスメントがあった

パワハラは、あなた1人で解決できる問題ではありません。

また、パワハラをする会社を退職する際には、脅しやいじめなどのトラブルになることが多いです。

退職代行を使うことで、トラブルを回避できるなら、後悔がないのかもしれません。

残業がひどかった

残業がひどいと、身体的にも精神的にも削られます。

転職活動をする時間も体力もなくなるので、「とりあえず辞めたい」って方にはいいですね。

仕事で体調を崩す前に退職できることが、退職代行を利用する理由なのかもしれません。

ブラック企業で働いていた

ブラック企業だと、辞めるのも非常に苦労します。

辞めると言ったら

  • 後任を見つけて来い
  • 損害賠償請求する
  • 辞めるなら成果を残してから

なんて言われてしまいます。

ひどい脅しを受けるくらいなら、退職代行で辞めてもまったく後悔はないですね。

ストレスから解放された

退職代行なら、自分で会社や上司とやり取りしなくて済むので、ストレスは大幅に軽減されます。

体調不良になるくらいなら、3万円払ってでもストレスなく退職したいですね。

有給を全て消化できた

通常の退職だと、引き継ぎやら何やらで理由をつけられて、有給を消化できない人が多いです。

実は、筆者も有給が消化できていない上司がいたのも、退職代行を使う理由でした。

筆者の退職代行を使った体験談はこちらをご覧ください。

>>筆者の退職代行体験談はこちら

退職代行を使わずに後悔する人が多い!

実は、「退職代行を使えば良かった」と後悔する人が多いんです。

退職でゴタゴタした

  • 退職でゴタゴタする
  • 退職で揉める
  • 体調がおかしい

上記のような場合には、退職代行を使わないと逆に後悔するようです。

退職代行は良くも悪くも、あっという間に退職が完了します。

退職の手続きで精神をすり減らすぐらいなら、退職代行の3万円は十分安いと言えるでしょう。

無理な引き継ぎがあった

実は、退職代行を使っても引き継ぎは可能です。

通常の退職では

  • 退職者の有給を消化させない
  • どうせ退職するのだから無理をさせる
  • 単純な嫌がらせ

こんな理由で、無理な引き継ぎを要求されます。

退職代行を使い、最小限の引き継ぎに抑えたほうがいいですね。

嫌な上司とやり取りしなきゃいけない

退職したい原因が、「嫌な上司」なんて方は多いです。

その上司に退職の意思を伝え、手続きをするのはけっこうなストレスですよね。

嫌な上司とやり取りするストレスに比べたら、退職代行を使ったほうがいい人は多いでしょう。

退職代行で後悔しないための心構え

退職代行で後悔しないための心構えを解説します。

円満退職はない

退職代行を使うと、挨拶もなく急に出社しなくなります。

当然、会社の人から良くは思われません。

むしろ、「裏切り者」みたいに思われることすらあります。

通常の退職のような円満退職ではないことは、覚悟しておきましょう。

悪いことはしていない

退職代行を使うことは、決して悪いことではありません。

そもそも、退職代行は違法ではないからです。

「悪いことをしている」と思うと、精神的に疲れてしまいます。

気楽に退職完了を待ちましょう。

退職代行を使うのは会社のせい

あなたが退職代行を使う原因は、会社にあるはずです。

会社に嫌なことがなければ、退職代行は使わないし、そもそも辞めないですよね。

退職代行を使わせるような会社が悪いのですから、遠慮なく退職代行を使ってしまいましょう。

上司からの電話は防げない

退職代行を使っても、上司からの電話を完全に防ぐことはできません。

もちろん、電話をしないように退職代行が忠告してくれます。

しかし、常識のない上司やモラルの欠如した上司なら、電話してくる可能性があるのです。

物理的に防ぐことはできないので、「当日は電話に出ない」と決め込み無視を貫きましょう。

上司が家に来てしまう時も同様です。

退職届は自分で書く

退職代行を使っても、退職届などの書類は自分で記入しなければいけません。

「全部やってくれる」なんて勘違いが起きやすいので、注意してください。

とはいえ、記入して郵送すればいいだけなので、悲観する必要はありませんよ。

退職代行で後悔しない方法

では、退職代行で後悔しない方法をお伝えします。

サービスの範囲を確認する

退職代行に支払いをする前に、サービスの範囲を確認しましょう。

  • 退職日の交渉
  • 有給や残業代の交渉
  • 離職票などの書類請求

事前に確認しておくことで、「こんなはずじゃなかった」なんて思わずに済みます。

退職代行の無料相談で、必ず聞くようにしてください。

総費用を確認する

追加費用がかかる退職代行もあります。

事前に確認しておかないと、「思ったより高い」なんてなりかねません。

実際に、「3万円だと思ってたら、5万円請求された」なんてことがよくあります。

支払いの前に、

  • 全部でいくらになるか
  • 追加費用はかかるのか

を必ず確認してください。

会社からの電話には出ない

退職代行から連絡が来た会社や上司は、あなたに鬼電してくる可能性があります。

しかし、絶対に電話に出てはいけません。

無視して、退職代行業者に連絡してもらいましょう。

万が一出てしまった場合には、「退職代行業者を通してください」と言って切ってください。

上司が家に来ても無視する

モラルの欠如した上司なら、家に突撃してくる可能性があります。

電話と同様に無視しましょう。

どうしてもしつこい場合には、「帰ってください」と忠告してください。

それでも帰らない場合には、警察に通報すればOKです。

後悔しない退職代行の選び方

実際に、後悔しない退職代行の選び方を解説します。

大手の退職代行から選ぶ

無名の退職代行は、詐欺の可能性があるので避けましょう。

大手の有名な退職代行から選ぶことがオススメです。

「どこが大手なのか分からない」って方は、こちらの記事を参考にしてください。

>>【全41社から厳選】退職代行のおすすめランキングはこちら

24時間対応の退職代行にする

なるべく、24時間相談ができる退職代行を選びましょう。

「その時間は対応できません」なんてことになると、会社への電話が遅れることで無断欠勤となり、トラブルを招きます。

いつでも相談できる=対応が早い

だと思ってください。

口コミと評判で選ぶ

退職代行選びにおいて、口コミを見るのは必須です。

しかし、口コミをネットで検索するのは、オススメしません。

なぜなら、自分にサイト経由で申し込みさせようと、良いことばかり書いてあるからです。

なるべくSNSの口コミを探すようにしてください。

労働組合か弁護士を選ぶ

退職代行は3種類あります。

  • 民間業者
  • 労働組合
  • 弁護士

なかでも、労働組合か弁護士を選んでください。

理由は、会社と交渉ができるからです。

反対に、民間業者は会社と交渉ができないため、「結局自分で会社に電話した」なんてことになってしまいます。

3種類それそれの詳しい特徴や、選び方について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

>>【今すぐ決まる】失敗しない退職代行の選び方はこちら

無料相談で対応を見る

退職代行では、申し込み前の無料相談で、対応の良し悪しが分かれます。

  • 返信の速さ
  • 質問への回答
  • 対応の丁寧さ
  • 強引な支払いの催促がないか

上記のポイントを参考に、相談の対応を見極めてください。

後悔しない退職代行3選

では実際に、当日の朝でも間に合う退職代行を紹介します。

1:退職代行SARABA

出典:SARABAホームページ
運営元株式会社スムリエ
サービス実行退職代行SARABAユニオン
タイプ労働組合
料金25,000円(税込)

SARABAは退職代行のなかでも、有名なサービスです。

5分以内の返信を心がけているようで、口コミは好評です。

実際に朝の5時に入金して、7時には連絡してくれるほど、素早いサービスが魅力です。

おすすめポイント
  1. 労働組合なのに料金が安くてコスパ◎
  2. 口コミが非常に良くて安心
  3. 対応が早くすぐに退職が可能

SARABAの詳しい口コミが知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

【全50件】退職代行SARABAのTwitterで本当の口コミを徹底調査!

\24時間365日無料で相談はこちら!/

2:男の退職代行

出典:男の退職代行ホームページ
運営元株式会社インクル
サービス実行toNEXTユニオン
タイプ労働組合
料金26,800円

男の退職代行は、男性専門の珍しい退職代行です。

24時間いつでもラインで相談できます。

転職サポートもあるので、男性必見の退職代行ですね。

おすすめポイント
  1. 転職サポートが無料で使える
  2. 労働組合でコスパが良い
  3. 日本退職代行協会で「特級認定」

詳細は評判はこちらの記事を参考にしてください。

【サービス分析】男の退職代行の口コミや評判は?失敗しない?

\24時間365日無料で相談はこちら!/

3:わたしNEXT

出典:わたしNEXTホームページ
運営元株式会社インクル
サービス実行toNEXTユニオン
タイプ労働組合
料金29,800円

わたしNEXTは、女性に特化した退職代行です。

女性ならではの悩みも相談しやすいようで、口コミはとても良いです。

おすすめポイント
  1. 口コミがとても良い
  2. 労働組合でコスパが良い
  3. 女性ならではの悩みも相談できる

「なんか怪しいけど、本当にいいのかな?」って思いますよね。

実際に筆者が利用者にインタビューして記事もあるので、気になる方はご覧ください。

>>【利用者に聞いた】退職代行わたしNEXTの体験談・口コミや評判を大公開!

\24時間365日無料で相談はこちら!/

SNSもあります!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる